論文関係

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

教師の作文添削は有効か?

 最近、すっかり積読になっていた日本語教育学会の学会誌『日本語教育』を読んでいます。(といっても、興味のある論文だけですが。)


 その中で、特に目を引いたのが下の論文。

原田三千代(2006)「中級学習者の作文推敲過程に与えるピア・レスポンスの影響−教師添削との比較−」『日本語教育』131号 pp.3-12

 論文の内容を簡単に言うと、最近注目されているペア・レスポンス(とりあえずここでは「学習者相互で作文を推敲しあう学習スタイル」としておきます。)が中級学習者の自己推敲にどのような影響を与えるかについて、一般的に行われている教師添削指導と比較しながら考察したものです。


 気になる部分をいくつか引用します。日頃の自分の指導を振り返りながら読んでみてください。

・教師添削では学習者は常に書き手であり、自分の書いたものについて教師からフィードバックを受ける立場に立つ。……これに対し、ピア・レスポンスでは、学習者は書き手だけでなく読み手としてフィードバックを与える立場をとる。このような読み手の立場に立ってフィードバックを与えるという経験は、学習者の自己推敲能力の養成に積極的な影響を及ぼすことが予測される。(pp.3-4)


・ピア・レスポンスは、…作文の内容的な側面に有効に働くことが示された。一方、教師添削は、言語形式的な側面に有効に働くものの、学習者の自己推敲に対しては、その効果が減退する傾向にあった。(p.10)


・学習者にとって教師添削が内化されにくい (p.10)


・教師添削が「文法の正確さ」に対する学習者の自己推敲を必ずしも促進していないという、本研究で示された結果は、これまで多大な時間と労力を費やして教師が行ってきた添削が、学習者自身の推敲にとって、あまり意味をなしていないということを表している。(p.11)


・学習活動を考える際に、教師は主導的な教え方を磨くのではなく、学習者の主体性をいかに引き出すかに焦点を当てた学習場面を創る必要がある。(p.11)


 いかがでしたでしょうか。私もここ1年ほど作文の授業を担当してきましたし、新年度からもその予定です。これまでの指導スタイルは、正に教師添削でした。


 それで、とにかく学習者にたくさん書かせて、「教師添削→清書」を繰り返していけば、自然と力がつくという考えでした。(実際、それなりに結果は出ていましたし……。)


 でも、それだけでは、日本語課程が終わってから専門的なレポートなり論文なりを書こうとしたとき、自力で前に進めなくなってしまうのかもしれません。


 あらためて、自分の授業設計を見直してみようと思います。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

「論文関係」の記事一覧です。

教師の作文添削は有効か?

 最近、すっかり積読になっていた日本語教育学会の学会誌『日本語教育』を読んでいます。(といっても、興..

>>教師の作文添削は有効か?の全文を読む

『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。