別大日教研

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

セミナー前半終了

3日間の集中セミナーも前半は今日で終了。


「自分の苦手分野は大体わかりましたか。」と聞くと、
「はい。」という返事。


今回の範囲を十分復習して、また3月の集中セミナー(後半)に臨んで欲しいと思います。


後半のセミナーの最終日は模擬試験。ここでいい感触をつかんで欲しいですね。


日本語教育能力検定試験は本当に範囲が膨大です。それだけにどれだけ地道にこつこつ続けて勉強してきたが結果を大きく左右します(まあ、何でもそうですけど。)。


合格というのは本当に大きな価値があるものなんだなあと、あらためて感じます。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

セミナー2日目

今日はセミナー2日目。文法と言語学を徹底的に攻めました。


朝、教室につくと、ある学生が、

「先生、これ。」


ケンタッキーのファミリーパックみたいな容器に(まわりはハロー・キティだったかな。)ぎっしりチョコが詰まっていました。

「ありがとう。じゃあ、後でみんなで食べようか。」
「やったー!」


なんじゃそれ。でも、懸命に勉強しながらもこのアットホームな雰囲気が日教研のいいところです。


明日は前半の最終日。1日がかりでひたすら教授法を勉強します。


よ〜し。がんばって、いきまっしょい!!

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

研究会セミナー(前半)始まる

今日から3日間、私が主催する別府大学日本語教育研究会(略称:別大日教研)のセミナーが行われます。


このセミナーは、日本語教育能力検定試験対策の勉強を9:00から16:20まで缶詰になってやるもので、今回が初の試みです。


今回は前半で、3月にも同様のセミナーを行い、最終日には模擬試験を行う予定。


「この時期に基礎をしっかり固めれば4月以降が随分に楽になる。」と受講生には発破をかけています。


今年こそ合格して欲しいなあ。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

セミナー前半終了

3日間の集中セミナーも前半は今日で終了。


「自分の苦手分野は大体わかりましたか。」と聞くと..
>>セミナー前半終了の全文を読む

セミナー2日目

今日はセミナー2日目。文法と言語学を徹底的に攻めました。


朝、教室につくと、ある学生が、
..
>>セミナー2日目の全文を読む

研究会セミナー(前半)始まる

今日から3日間、私が主催する別府大学日本語教育研究会(略称:別大日教研)のセミナーが行われます。
..
>>研究会セミナー(前半)始まるの全文を読む

『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。