書籍・雑誌紹介

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

【学びを記録し公開する仕組みを生活の中に組み込む。】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室〔有料版〕」より。
-------------------------------------------------
水曜日は久留米、翌木曜日は福岡天神と、
日本語学校の学生さん対象の留学フェアに参加し、
昨日戻ってきました。

で、福岡から別府に戻るバスの中で、こんな本を読みました。

鮒谷周史
『変われる人−8000人のキーパーソンと会食してわかったこと』
 http://goo.gl/zoAnn

著者の鮒谷周史さんは、20万人の読者を持つ
ビジネス系メルマガ「平成進化論」の発行者で、
私も7年ほど前から愛読しています。

おかげで、私も仕事や人生に対する考え方が
大きく変わりました。(あとは結果を出すだけです。爆)

で、その本の中でこのようなことを書かれています。

===ここから===============

私は二〇年以上も前から、毎日の学びを手帳に
記録し続けています。

いろいろな人から勉強したこと、
会食しながら教えてもらったこと、
ある人の普段の活動を見て気づいたこと、

あるいは本を読んだり、セミナーに行ったり、
講演を聞いたりして学んだことなど、

その日に学んだなかで「これは」
と思うビジネスのヒント、
あるいは感心した表現技法など、

忘れてはいけないと思うことを書き留めて
いるのです。

この「言語化」の習慣がなかったら、
すなわち、学んだら学んだきり、
自分の記憶に頼ってその内容を
放置していたとしたら、

学んだ内容のほとんどは頭の中に
残らなかったでしょう。

===ここまで===============

私も最近、このメルマガを通じて、
日々学んだことを「言語化」して
残すようにしています。

言語化することによって、漠とした考えが
より鮮明に、(それなりに)論理性を持った
ものとして、自分の頭に刻むことができます。

また、それをfacebookにも公開することによって、
さまざまなフィードバックを受け、
さらに自分の思考を修正することができます。

「まだまだ未熟な自分が、人前で偉そうに意見するなんて。」

と思われるかもしれませんが、
(それ言ったら私なんかどーするの。)

むしろ、自分は未熟な存在であると開き直って、
未熟者なりに日々の学びを発信する、

そしてそんな姿を不特定多数の方々に
見ていただくことが、

結果的には、自己成長につながるのではないか
と思います。

日本語教師を目指す皆さんも、
「私はまだまだ自信がない。恥ずかしい。」
などと思わず、

ブログでも、メルマガでも、facebookでも
何でもいいので、

学びを記録し、それを多くの方に見てもらう
仕組みを生活の中に組み込んでみては、
いかがでしょうか。

きっと成長を倍速化してくれると思います。

鮒谷さんは、さらに続けてこう述べています。

===ここから===============

記録する習慣は、あなたの無形財産を
より確かなものにしてくれるでしょう。

三年後、五年後、十年後、

あなたは何物にも替え難い、
素晴らしい財産を手に入れている
はずです。

===ここまで===============

今回の出張では、facebookでつながった先生方と
たくさんお会いしました。
 
私にとっては、こうしたつながりこそ
確かな無形財産だと思います。

          …学びの仕組みって、ホントいろいろな
           副産物を与えてくれます。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

「書籍・雑誌紹介」の記事一覧です。

【学びを記録し公開する仕組みを生活の中に組み込む。】


『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。