習慣

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

【トップ1%の実行力を持つ】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室」より。
-------------------------------------------------
「セミナーの法則」というのがあるのだそうです。

例えば、
私がブレンディッドラーニングの講演を
参加者100人の前でするとします。

「ブレンディッドラーニングを導入すると
 授業がこんなにおもしろくなるんですよ。」とか、

「eコンテンツを作れば作るほど、次の期の授業準備がどんどん減るのに
 授業のクオリティはどんどん上がるんです。」とか、

「オンライン授業にすれば、ネット上のリソースをふんだんに使えて
 むちゃくちゃメディアリッチな授業が展開できるんです。」とか、

きっと私の事だから、出血大サービスで
喋りまくると思います。

だから、皆さんもブレンディッドラーニングを
始めましょう!!みたいな。

ところが、ところがです。

私の講演を聞いて、
実際にブレンディッドラーニングを
始めるのは、全体の1割。

残りの9割は、
「職場にそんな設備がないから。」とか、
「勉強する時間がないから。」とか、
「私はパソコンが苦手だから。」とか、
「上司の許可が下りないだろうから。」とか、
「今日は天気が悪いから。」とか(笑)、

とにかく、何かと理由をつけては実行に移そうとしない。

せっかく貴重な時間を割いて聞きに来ているのに、です。

さらに、実行に移した1割の人、

つまり100人中10人のうち、
ちゃんとした成果が出るまで実行し
続ける人は、そのさらに1割。

つまり、参加した100人のうち、
セミナーの真髄をモノにするのは、
たった1人だけ、というわけです。

ということは、下手も上手も関係なく、
とにかく最後までやり切れば、
それだけで、ライバルなしの第一人者。

セミナー講師が開拓した市場を
ほぼ独占的に譲り受けることが
できるわけです。

かくして、残りの99人は、また、成功を求めて、
どこか他のセミナーに足しげく通い、

セミナー講師はその期待に応えるべく
毎回同じ話をしても食いっぱくれる
ことがないという、

これがまさに「セミナーの法則」なわけです。

こうやって聞くと、
実にバカバカしい話ですが、

でも、確かに、結構日常的に起こってません?

この話は、私たちにとても重要なことを
教えています。

一つ目は、
何事も実行しなければ意味がないということ。
(「気づき」とか「目から鱗」とか、
 本当にいらないです。)

二つ目は、
その実行も成果が出るまで粘り強く行なわなければ、
やはり意味がないということ。
(ちょっとやったぐらいで、「セミナー講師のインチキ」
 とか言わないでほしい。)

三つ目は、
結局は他人との競争ではなく、止めたい
と思う自分自身との闘いであるということ。
(自分の意志の弱さを棚にあげて、
「過当競争な社会が悪い。」とか言って。)

だから、
セミナーでも講演でも学会でも、
ただ聞きに行って
「すばらしい気づきがありました!」とか
「目から鱗が落ちました!」とか、
言っているだけでは、まったく意味がありません。

実行に移してはじめて、セミナーに
参加した意味が出てきます。

得たものを自分の血肉にすべく
とにかく、実行してみる。
今までのやり方を変えてみる。

それだけで、トップ10%の実行力が
身に付いたことになります。

そして、さらに口頭発表でも論文でも
あるいは、自分自身の授業ネタとしてでも

とにかく、何がしかの成果が出るまで
やり切れば、

それだけで、トップ1%の実行力が
身に付いたことになります。

私も、この数カ月、偉い先生方とお話しする
機会がたくさんありましたが、

そんな偉い先生方は、もれなくこの
「トップ1%の実行力」をお持ちの
方々ばかりでした。

10年続く日本語教師を目指すなら、
小さなところからでもいいので、
この「トップ1%の実行力」を
意識すべきだと思います。

その意識と習慣の蓄積が
絶大な力となって、
必ず自分に返ってきます。

       …僕も、ピアラーニング、早速授業でやったもんね^^

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

【毎日0.1%の成長】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室〔有料版〕」より。
-----------------------------------------------------
最近、私が愛読しているメルマガの
... タイトルが変わりました。

平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】
http://www.sc-p.jp/products/mail/mailmagazine.html

副題にある【毎日0.1%の成長】は、私自身
日本語教師を10年続ける上で、非常に重要な
キーワードだと思います。

0.1%だからといって侮ってはいけません。

現在の自分を1とすると、1日で1.001の成長です。

そうすると、

1か月で、1.001の30乗≒1.0304
6か月で、1.001の180乗≒1.1971
1年で、1.001の365乗≒1.4402
10年で、1.001の3650乗≒38.4046

1日にすれば、0.1%と実感することさえ
難しいくらいのわずかな成長でも、
それを実践し続け、成長を実感し続ければ、

1年後には、1年前の自分より1.5倍近く
成長した自分を実感し、

10年後には、10年前の自分より38倍以上成長した
自分を実感することができるわけです。
(ちなみにこの計算、Windows付属の計算機でできます^^)

この哲学はさまざまなビジネス書で説かれていますが、
この言葉に込められている

・些細な成長を実感する。
・短期の劇的成長より長期の逓増成長
・歩みを止めない。

という要素は、何事においても重要なことのようです。

なぜなら、人は得てして、
些細な成長では満足することができず、
劇的な成長で優越感に浸りたい衝動に駆られ、
そして、何事につけ飽きっぽいものだから。
(ちなみに、私は2番目ズバリですね(汗))

本メルマガをご愛読のみなさんは、
少なくとも、本メルマガをご愛読いただいている限り、
そして、検定試験の勉強をなさっていらっしゃる限り
日々0.1%の成長は、優に超えていると思います。

しかし、大事なことはその歩みを止めないということ。

歩み続ければ、必ず成長値は上昇し続け、
(上昇していると信じることが大事。)

一定値を超えれば、必ず検定試験に合格します。

継続することが、最も確実な合格保証なわけです。

しかし、もし合格した時点で学ぶことを止めてしまえば、
成長記録もやはりそこでストップ。

10年後、今の38倍に成長した自分に出会うことはありません。

だから、検定試験に合格するまではもちろんのこと、
検定試験に合格した後も、日々0.1%ずつ
学び続けていただきたい。

それが、日本語教師を10年続ける上での、
最も確実な保険になるのではないかと思います。

振り返ってみれば、8年ほど前、サイト構築の
勉強を始めなければ、今の自分はありませんでした。

だから、これは私の経験からも断言できることです。

だから、自分を信じて、しっかりがんばってくださいね^^

              …そして私も、メルマガ配信を通じて勉強し続けると。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

【やる気が先か、行動が先か】

メルマガ日本語教師篠崎大司研究室〔有料版〕より。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「今日はやる気がない。勉強は明日にしよう。」
という人がいます。

「勉強しないのは、やる気が起こらないからだ。
 これはしかたがない。」

そう考えて、勉強しない。

「やる気が先で、行動が後」という考え方は、
一見正しいようですが、完全に間違っています。

なぜなら、勉強したくなければ、やる気を
起こさなければいいからです。

つまり、単に勉強したくないだけなのです。
そういう人は、100年たってもやる気は起こりません。

自分でしっかり勉強できる人は
「行動が先で、やる気が後」
ということを、十分理解しています。

この心理を理解できている人は、
やる気があってもなくても関係なく、
とにかく行動(=勉強、仕事など)します。

5分だけでもいいから、無理やり行動します。

自分に自分でノルマ(課題)を課して、
それを消化するために、まず行動するのです。

無理やりでもいいから、とにかく行動すれば、
不思議とだんだん「やる気」が出てきます。

やる気が出れば、行動が苦しくなくなります。

行動が苦しくなくなれば、自分で決めたノルマを
最後までやり切れるようになります。

最後までやり切る習慣が身につけば、
自分に自信がついて、
もっと高い目標を目指せるようになります。

当然、結果が出ます。

これを好循環(こうじゅんかん)といいます。

「やる気が先」と思っている人は、絶対に
好循環になりません。

自分にやる気が起こるのを待っているだけだからです。

結局、時間だけが無駄に過ぎていきます。

こうして、
「やる気が先」と思っている人と「行動が先」と思っている人は、
1年後、圧倒的な差となって現れます。


圧倒的な差を見せつけられた
「やる気が先」と思っている人は、
ますますやる気を失ってしまいます。

これを悪循環(あくじゅんかん)と言います。

このメルマガを読んだ人は、
まさに今、5分でもいいので勉強してみてください。

その感覚が、とても大切です。

「行動が先、やる気が後」

忘れないでくださいね。
              …予定はすべて前倒し。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
|

【トップ1%の実行力を持つ】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室」より。
---------------------------..
>>【トップ1%の実行力を持つ】の全文を読む

【毎日0.1%の成長】


【やる気が先か、行動が先か】

メルマガ日本語教師篠崎大司研究室〔有料版〕より。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−..
>>【やる気が先か、行動が先か】の全文を読む

『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。