よくできた息子は国家の息子

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

よくできた息子は国家の息子

スポンサードリンク




 ちょっと時間があったので、


 韓国では、今どんなことが流行っているのかと、ネットで調べてみたところ、


 主婦の間でこんなユーモアが流行っているのだそうです。


「よくできた息子は国家の息子。お金を稼ぐ息子は義理の息子。お金を稼げない、できの悪い息子は私の息子。」


 かつては「男児至上主義」で、とにかく跡取り息子を!という感じだった韓国社会も、最近変わってきているようです。


 家父長制的価値観が薄れていく中、女児を産みたいという女性が男児のそれを上回ったのだそうです。


 韓国は来年から戸主制が廃止。そして、韓国人男子といえば軍隊。(息子が軍隊に行っている間に戦争が起こったらと思うと、親としてはやりきれないですよね。)


 こうなると、息子が「手の焼ける」存在に見えるのもわからないでもありません。


 そういえば、別府大学日本語課程に在籍する韓国人留学生は、圧倒的に女性が多く、


 考えてみれば、それだけ女性は自己投資をしているわけです。


「現在は、女性が進化し男性が退化している時代」


 と、なんかの本で読みましたが、


 やっぱりそうなんでしょうか。


 それにしても、いいとこ突いてるユーモアだと思います。


 詳しくは、こちらをご覧ください。


  韓国社会を読む 変る「男児至上主義」 −統一日報  http://www.onekoreanews.net/past/2007/200707/news-syakai03_070704.cfm


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。