レポート作成指導&1級対策講座

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

レポート作成指導&1級対策講座

スポンサードリンク




 今日は日本語課程Dクラス(中級前半)で作文の授業。


 各学科から出された課題に沿ってレポートを作成していきます。


 私の授業では、予め文章のパターンを決めておいて、そのパターンの中に課題の内容にあった文をはめ込ませるようにして書かせています。


 全く一から考えて書いていくわけではないので、


 日本語でレポートを書いたことがない留学生にとっては、無駄に時間を費やすことも少なく、適度に考える余地もあって、


 ここ数年の授業ではなかなか好評でした。


 とはいえ、今は中級前半クラス。ちょっと前まで初級だった彼らには文体についていくだけでも結構大変です。


 「レポートでは『私』は使いません。『筆者』を使います。『みんな』は使いません。『我々』を使います。」


 学生は目を丸くしながらメモ。


 本文はおろか、タイトルを書くだけで一苦労といった感じでした。


 そんな彼らも、12月頃になるとそれなりになってくるから不思議ですね。(というか、無理矢理それなりにさせるのですが・・・。)


 これからが楽しみです。


 そしてそして、夜は日本語能力試験1級対策講座の2回目。


 今日初めて大分大学の学生さんが受講の申し込みに来ました。(ありがとうございます。)


 大分大学の学生さんからの受講は開講以来初めてです。


 帰りはJRでしょうか。


 遠いところからわざわざ来ているかと思うと、ますますやる気が出てきます。


 とにかく合格するように、できる限りのことはしたいと思います。


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。