日本語能力試験1級対策講座始動!!

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

日本語能力試験1級対策講座始動!!

スポンサードリンク




 今日から日本語能力試験1級対策講座が始まりました。場所は別府市国際交流会館です。


 今年も20名を越す参加者がありました。(本当にありがとうございます。)


 初日の今日は、文字・語彙の1回目。


 毎年初日は学習者の様子を見ながら進めるので、どうしてもスローペースになってしまいます。


 というわけで今回も予定の1/3程度を残してしまいました。残りは明後日続けてやります。


 それにしても授業というのはスポーツといっしょで、


 久しぶりなのにたいした準備もなしにいきなりやると、やっぱりしっくりこないものです。


 それに気がつかずに、昔とった何とかで授業をすると思いもしない失敗をしてしまうもの。(まるで子どもの運動会で転んでしまうお父さん状態。)


 そういうことがあるので、今回はちょっと時間をとって準備しました。(というか準備に手間取ったとも・・笑。)


 定期的に自分の知識や技能の掘り起こしを意識的に行うということは、割と大事なことかな、と思います。


 今の職場で1級対策の授業を受け持っていないのであれば、職場の外ででも自分でそういう機会を無理矢理作ることで、授業の感覚を忘れないようにする。


 ひとたび知識や技能が錆びついてしまうと、それを研ぎ直すのに大変な労力がいりますから。


 思いついたことをとにかくできるところまでやってみる。(若干計画性がないかも。)


 そうやってできるだけ経験値をあげていけば、成功であれ失敗であれ、将来の肥やしになるんじゃないかと思います。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。