ホントは簡単!会話の授業(最終回)「最後は自分のノウハウを築く。」

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

ホントは簡単!会話の授業(最終回)「最後は自分のノウハウを築く。」

 さて、これまで「ハードル競走」型会話指導について、授業の準備から評価の仕方にいたるまで(半ば思いつくままに)書いてきました。


 書くべきことはだいたい書いたので(かなり漏れてるでしょうけど)、今日は言い残したことを(これまた思いつくままに)書いてみようと思います。


 今回紹介したタスクは、どちらかというと一問一答的な、割とシンプルなコミュニケーションスタイルです。


 なので、想定した学習者は、初級から中級レベルです。


 上級レベルでもやってできないことはないと思いますが、これぐらいのレベルになると、段落レベルの会話力養成が求められます。


 彼らの知的欲求を満たすことを考えても、もう少し複雑な仕掛けが必要ではないかと、漠然と考えています。


 しかもこのタスクは、依頼とか勧誘といった交渉力を養うのには向いていますが、


 趣味について語り合うとか、何気ない雑談といった会話そのものを楽しむコミュニケーションには向きません。(そういう会話にハードルはいらない。)


 どんなタスクにも強みもあれば限界もあります。


 要はそのタスクの強みと弱みを十分理解する必要がある、ということです。


 それから、このシリーズは会話の授業が超苦手な先生を思い浮かべながら書きました。


 教師も人間だから得手不得手があって当然ですが、できれば仕事であまり嫌な思いはしたくない。


 そんな状況から抜け出すきっかけというか突破口を提供できればいいかな、と思って書いた次第です。


 だから、これを読んできた方の中には、


 「もっとおもしろい方法があるのに・・・。」


 とか、


 「まだ、詰めが甘いな。」


 と感じた方もいらっしゃるかもしれません。


 そういう方は、「私って、ちょっとだけ先輩先生かも・・・。」と思っていただければと思います。


 ところで、私が会話の授業のどこにおもしろさを感じるかというと、


 やっぱり、ハプニングです。


 こちらが事前に話題とそれに見合ったハードルを考えて、「多分このハードルなら、こう応えるだろう。」と予想するわけですが、


 それとは全然違った予想外のことを言ってくる。


 「そうくるか?」


 で、クラス全体が爆笑の渦となり、


 と同時に、「この時こそ!」のとっておきの表現を(ちょっと難しいものでも)紹介すると、学習者は余計な説明なしでダイレクトに吸収する。


 このあたり、他の授業ではなかなか見られない、会話の授業ならではの醍醐味です。(なかなかないですけどね。)


 だから、会話の授業について言えば、あまり精密な仕掛けではなく、ある程度ゆったりした授業設計のほうがうまくいくようです。


 あまり細かく設計すると、窮屈すぎて結果的に会話を殺してしまうから。


 それから、会話の授業をモノにするコツは、(というか何でもそうでしょうけど。)


 最終的に自分なりのノウハウを築くということだと思います。


 先人のワザをパクりつつ、自分なりの味付けを加えていき、さらに現場で練っていく。


 そうやって、少しずつ自分なりのノウハウ、自分にしかできない授業を築いていくことが大切ではないかと思います。(その方がやってておもしろい。)


 「ハードル競走」型会話指導も、そのための踏み台にしていただければありがたいです。


 「会話なら、●●先生の授業が最高!!」


 学習者からそう言われたら、100年の苦労も吹っ飛ぶというもの。


 少しずつ、できるところから頑張っていきましょう。(私も。)


 ◇   ◇   ◇


参考文献:
『OPIの考え方に基づいた日本語教授法―話す能力を高めるために』

『ACTFL‐OPI入門―日本語学習者の「話す力」を客観的に測る』


スポンサードリンク

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。