ホントは簡単!会話の授業(8)「ハードル競走型会話指導実例集−初級編」

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

ホントは簡単!会話の授業(8)「ハードル競走型会話指導実例集−初級編」

 本日は、取り急ぎ。


 これまで、「ハードル競走」型会話指導について説明してきました。


 今日は、その実例として初級のタスク例をご紹介します。


 入門〜初級の場合、日本語で会話をすること自体、学習者にとっては大きなハードルなので、学習者がまだ慣れないうちはあまり凝ったハードルにせず、


 メインテキストにあるような会話を使って、数課分の復習活動といった位置づけで授業をするといいかもしれません。


 ただ、場面設定だけは、学習者の興味をひきつけるものにすると効果的です。


指導例:アルバイトの面接

ロールカード(このタスクなら、いらないかも。)

A:あなたは学生です。今日はアルバイトの面接です。店長
  の質問に応えてください。

B:あなたはお店の店長です。学生の面接をします。学生に
  質問してください。


=   =   =

<会話例>

A:よろしくおねがいします。(椅子に座る)

B:名前は?

A:シイダ・キザノシです。

B:国は?

A:×△です。

B:外国人登録証、ある?

A:はい。(外国人登録証を出す。)

B:あ〜。今年来たばかりなんだね。
  日本語、大丈夫?

A:時々分からないことがありますが、日常会話なら大丈夫
  です。(この言い方、授業で導入。)

B:今まで日本でアルバイト、したことある?

A:いいえ、初めてです。

B:あ、そう。
  アルバイトは、いつできる?

A:月ようびから金ようびは、9時から2時半まで授業があ
  ります。その他は、いつでも大丈夫です。

B:あ、そう。うちは平日は忙しくないんだよ。日曜日は休
  みだし・・・。まあ、週1回だけど、がんばってよ。

A:はい、よろしくお願いします。(この言い方も、授業で
  導入。)

B:あ、え〜と、名前なんだったっけ?(←不意打ち質問)

A:えっ、あっ、シイダキザノシです。

B:そうだったね。じゃ、これで終わります。


(その後、「何曜日にアルバイトをしますか?」と書いた4択問題のワークシートに記入させる。)

=   =   =


 「これなら、私もやったことある。」


 そういう方、多いかもしれません。


 そう、「ハードル競走」型会話指導は、何も特別な指導方法ではないのです。


 だから、誰でもできます。


 「アルバイトの面接」は、日本国内で勉強する留学生にとってはかなり関心の高い場面です。


 ちなみに私が授業でこれをやった時、学習者は抜群に食いついてきました。授業も盛り上がった、盛り上がった。


 よかったら、使ってみてください。


 ◇   ◇   ◇


さて、次回の「ホントは簡単!会話の授業」は、・・・


 明日、考えよっと。


 どうぞ、お楽しみに。


参考文献:
『OPIの考え方に基づいた日本語教授法―話す能力を高めるために』

『ACTFL‐OPI入門―日本語学習者の「話す力」を客観的に測る』


スポンサードリンク

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。