ホントは簡単、会話の授業(1)「なぜ苦手なのか?」

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

ホントは簡単、会話の授業(1)「なぜ苦手なのか?」

 さて、今回から新連載。「ホントは簡単!会話の授業」を始めます。


 以前、このブログでも「会話の授業は障害物競走?」で私なりの会話の授業のやり方を紹介しました。


 この連載では、もう少し詳しく解説していきます。


 ところで、会話の授業は好きですか?


 「すっごい好き。やってたら止まらなくなる。」


 という方は、問題ありません。じゃんじゃんやってください。(もしかしたら、ある意味危険かも。)


 ですが、特に経験の浅い先生にとっては、


 「うわー、どうしよう?」

 「どうしたらいいのか分からない。」


 というのが正直なところではないでしょうか。(かつての私もそうでした。)


 で、そんな心得で授業をしてもうまくいくわけがなく、


 「会話が全然盛り上がらない。」

 「気がついたら、テキストを読んでるだけの白けた授業で終わってしまった。」


 と、負のスパイラルにはまり込んでしまい、ますます苦手意識を持ってしまう。


 「だって、私、アドリブ利かないし、話すの苦手だもん。」(落ち込まないで!みんな始めはそんなもんです。)


 なぜ、会話の授業はうまくいかないのでしょうか。


 「ちゃんとテキストに沿って授業をやっているのに・・・」


 そこ!! 実はそこに問題があります。


 会話の授業は、テキストに忠実になればなるほど(言い換えればテキストを舐めるように授業をすればするほど)、うまくいかないようになっています。(本当はどの科目もそうなんですが・・)


 なぜでしょう。


 そのやり方だと、会話するには、あまりにも窮屈だからです。


 そのやり方だと、レールを敷かれているのが分かって話す意欲を失うからです。


 最近は、優れた会話教材がたくさん出ているので、テキストに沿って授業をしてもそれなりにいい授業になるかもしれません。


 でも、優れた教材であればあるほど、紙面に出ていない部分に細かな仕掛けが隠されているものです。


 その仕掛けを活かすためには、テキストとある程度距離を置いて授業をしなければなりません。


 テキストべったりだと、仕掛けに必要なドッキリ感やワクワク感が損なわれてしまいます。


 テキストべったりだと、気がついたら読解の授業になってしまいます。


 でも、特に経験の浅い教師の場合、どうしてもテキストべったりなってしまいがちです。(実際、テキストから離れるのは、結構勇気のいること。)


 それが証拠に、聴解が苦手という人はあまりいないのではないでしょうか。


 テキストべったりで(だいたい)済むからです。


 そんなところに、会話の授業アレルギーが生まれる原因があるのではないかと思います。


 

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。