セミナー1日目

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

セミナー1日目

本日も携帯からの投稿です。(といってもすでに日付は変わってますが。)


今日はセミナー1日目。


「実践研究とは何か-私にとっての実践研究」
於:早稲田大学東伏見キャンパス


午前中4人の先生方のパネルディスカッションの後、ポスターセッション、そしてさらに、午後3つのラウンドテーブル(グループごとの話し合い)と2つのワークショップが行われました。


私はラウンドテーブルB「初級の実践をとらえなおす(1)学習者の力を引き出す」に参加しました。

今日は「従来の初級でどのようなことがされてきたか。」という問題提起のもとで、様々なキーワードが出されました。

「教師主導」「社会との接点」「消化不良」などなど。


明日はこれをもとに、より本格的な議論に入ります。


なかなか楽しみです。


それでは。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。