お金は人の価値を計る最終的なモノサシではない。

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

お金は人の価値を計る最終的なモノサシではない。

【今週のことば】
毎週月曜日は心に響く言葉をご紹介しています。


今日の言葉は…


「お金は人の価値を計る最終的なモノサシではない。それよりもはるかに重要なものがある。

 それは、私たちが送る人生に質だ。

 周りの人への接し方、環境への扱い方、他者への貢献、周りに対する愛と思いやりの心、人生の目的、そしてそれをどれだけやりきったか。

 周りの人たちや地球へのポジティブは貢献。

 そういったものが重要だ。」

−マーク・アーレン


 今読んでいる以下の本からの引用です。

 『ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する』1,680円


 こういうビジネス書には、日本語教育の専門書には絶対に書いていないことがたくさん書いてあって、本当に勉強になります。


 さて、・・・


 私と言えば、社会に貢献するどころか、まだまだ吸収させていたいただくことのほうがはるかに多く、


 それでも微力ながら何かできることはないかと、


 自分の勉強半分で日本語能力試験や日本語教育能力検定試験関係のメルマガを発行しているわけですが、


 おかげさまで、少しずつではありますが読者数も増えており、


 「ちょっとは役に立っているのかな。」と思う今日この頃です。


 自分は一体何のためにこの仕事をしているのか。


 今していること、しようとしていることは自分が目指す方向に適っているか。


 この本は、そんなことを考えさせてくれる良書です。


  『ビジョナリービジネス 明確なビジョンを描けばビジネスは必ず成功する』1,680円


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。