この時代を生き抜くためには…

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

この時代を生き抜くためには…

【今週のことば】
毎週月曜日は心に響く言葉をご紹介しています。


今日の言葉は…


「この時代を生き抜くためには、あらゆる人も組織も、自分たちが収入を得るために行なっていることについて考えなければならない。

 次のように自らに問いかけてみよう。

@他の国なら、これをもっと安くやれるだろうか。

Aコンピュータなら、これをもっとうまく、早くやれるだろうか。

B自分が提供しているものは、この豊かな時代の中でも需要があるだろうか


 @とAの答えがイエス、あるいは、Bの答えがノーだとしたら、あなたが抱える問題は深刻だ。」

 −ダニエル・ピンク


 私が今読んでいる本から


 『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』1995円


 ちょっと長い引用でしたが、非常に衝撃的な内容だと思います。


 日本語教育の分野も、この先10年で教育のIT化が驚くほどのスピードで進んでいくだろうと思います。


 今私達が当たり前にやっている教育活動−授業、試験の採点、学生管理、カウンセリング業務−のほとんどが、より早くしかもより精密にコンピュータに取って代わられるでしょう。


 そうなれば、先の3つは現実の問題として我々に突きつけられるに違いありません。


 その時になって初めてキーボードに向かっても、もはや手遅れです。


 コンピュータにどこまで任せられるか、そしてコンピュータでは再現できない高付加価値の授業スタイルとは何か。


 そういうことにもっともっとこだわって授業をしなければならないのかもしれません。




日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。