就活、第2の波を逃がすな!

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

就活、第2の波を逃がすな!

【HP情報】(水曜版)


 水曜日は、私が管理運営しているHP「日本語教師篠崎大司研究室」から、選りすぐりのページをご紹介します。


 今日ご紹介するコンテンツは「日本語教師リンク集」から…


日本語教師求人情報
http://blog.livedoor.jp/dai7kampu/archives/cat_10023602.html


 日本語教育関連の主要求人サイトを網羅しています。これだけの情報源を押さえていれば、取りこぼしはまずありません。


 ところで、国内のほとんどの日本語学校や大学別科では、4月に引き続き10月入学も実施しています。


 今はちょうど、各機関が国内外の入試活動を行っているところではないでしょうか。


 そしてこの後、合格発表を皮切りに、学校側は入管手続きに関する手続き、入学者側は入国に関する手続き等、入学準備を進めていき、


 入管の許可が下りれば、晴れて入国ということになるわけです。


 在留許可のおりた学生数がはっきりすれば、学校側としても10月以降の運営規模がはっきりするわけで、


 加えて、学期の節目を機に退職を希望する教員も出てくるわけで、


 当然「新規採用か?」ということになり、


 かくして8−9月は、就職活動が活発化するわけです。


 だから、日本語教師としての就職を希望している方は、今からしっかり情報収集し、「これは!」という学校があれば、メールをするなり、履歴書を送るなり積極的にアプローチする必要があります。


 春季採用が年間通して最も大きな就活の波とすれば、秋季採用は第2の波。逃す手はありません。


 ぜひ、就職切符を手に入れてください。


日本語教師求人情報
http://blog.livedoor.jp/dai7kampu/archives/cat_10023602.html


 また、下記ページも就職に関する情報を提供しています。あわせてご利用ください。


 求人サイトの歩き方
 http://www.kanjifumi.jp/kyoshiyosei/kyujin/hyoshi.html




日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。