「象る」は何と読む?

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

「象る」は何と読む?

 今朝、いつものようにメールチェックしているとこんな文字がありました。


 「象る」


 さて、これ何と読むでしょう?
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
 正解は「かたどる」


 なるほど、言われてみれば「象形文字」って、ものの形を象った文字という意味ですね。


 とはいえ、なぜ「かたどる」に「象」をあてがうのでしょうか?


 手許の電子辞書で調べてみると、「ぞうは、最も目だった大きい形をしているところから、かたちという意味になった。」ということなんだそうです。


 面白くなったので、動物にまつわる漢字で意外な読み方をするものをちょっと調べてみました。で、クイズ。


第1問
 「魚」で何と読む?

  1 われ
  2 なんじ
  3 かれ
  4 こなた
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
    正解は 1


 いきなり難問でしたか?


第2問
 「寅む」で何と読む?

  1 にらむ
  2 つつしむ
  3 たのしむ
  4 たわむ
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
    正解は 2


 「寅」の風貌からはとても連想しにくい。





 さて、ここからは選択肢なしです。読めますか?


第3問
 「狼れる」で何と読む?
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
  正解は 「みだれる」


第4問
 「蜂がる」で何と読む?
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
  正解は 「むらがる」……これは、分かる気がします。


最終問題
 「蝉しい」で何と読む?
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
      ↓
  正解は 「うつくしい」……「さわがしい」と答えたあなた。残念。


 こういうのは日本語の教科書にまず出てこないものですが、たまに日本語教育の枠をはみ出て純粋に日本語の宝探しをしてみるのも面白いものです。


 それにしても古人の想像力には、はなはだ脱帽です。


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。