時間の価値を知れ。

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

時間の価値を知れ。

【今週のことば】 毎週月曜日は心に響く言葉をご紹介しています。


今日の言葉は…


「時間の価値を知れ。あらゆる瞬間をつかまえて享受せよ。今日出来る事を明日まで延ばすな。」
  −チェスターフィールド(英・政治家)


 サイト「名言集.com」(http://www.meigensyu.com/)様の「時間」の項目よりいただきました。


 有能な方にもそうでない方にも等しく与えられている財産、それは言うまでもなく時間です。


 1日24時間は、どんなに頑張っても決して増やすことはできませんし、また、失った時間はどうやっても取り戻すことはできません。


 単位時間当たりの価値をいかに高めていくかは、私達にとっては至上命題といっても過言ではありません。





 ましてや、他人の時間を自分の都合で犠牲にしてしまうなどは、厳に慎まなければならないでしょう。


 約束の時間を守らない。
 相手の都合を考えず、むやみに仕事を押し付ける。
 緊急でもないのに勤務時間外に電話をする。
 (かくいう私も、心当たりが……。)


 ですが、これは「人と関わるな。」ということではなく、「相手から貴重な時間をいただくのなら、同時にそれに見合った対価を提供しなければならない。」ということ。


 そう考えれば、このブログを読んでいただいていることで、私も皆さんから幾ばくかの時間をいただいているわけであり、


 それに見合う情報を提供する責務があるわけです。


 また、頑張ります。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。