チリツモ勉強法は教師にこそ必要

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

チリツモ勉強法は教師にこそ必要

 昨日書いた「チリツモ勉強法」ですが、この勉強法は忙しい人であればあるほど効果的というわけで、日能試を受ける学習者に向けて紹介したのですが、


 待てよ。 忙しいのはむしろ日本語を教える教師の方ではないか?


 日々の授業とその準備、授業日誌の記入、進度表の作成、やたらと多い会議(失礼)、提携校との文書のやり取り、はたまた学生の引越し補助やら自転車の修理、トイレ掃除……(日本語学校時代を思い出すなあ。)


 そんなのしながら日本語教育能力検定試験の勉強なんて、できるかーー!!


 ………。


 でも、ちょっと待ってください。1日30分なら何とかできませんか?


 まとまった30分でなくても構いません。10分×3でも、5分×6でもいいのです。


 通勤時間。
 バスを待つ時間。
 授業の空き時間。
 上司がいなくなったスキ。
 学生が待ち合わせ場所に来るまでの時間(きっと学生は来ない)。
 風呂上りで一杯呑みながら…


 そんなちょっとの時間、下の携帯メルマガを見てください。週3回配信、検定試験に出題されたキーワードを解説します。もちろん完全無料です。


 日本語教師篠崎大司研究室(携帯メルマガ)
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0068103.html


 30分といって侮ってはいけません。1年続ければどうなるでしょう?

 30分×365日=10,950分


 …もういいって?




 このままでは、仕事に埋もれてしまう! というあなた。

 
 経験値だけでこの先大丈夫ですか?


 かつての夢を諦めかけているあなた、まだ間に合います。


 日本語教師篠崎大司研究室(携帯メルマガ)
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0068103.html


▽   ▽   ▽

 本気で日本語教師を目指したい方。下の3つがおすすめです。
 
 おすすめ通学制講座:
 ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座

 おすすめ通信制講座:
 NAFL日本語教師養成プログラム

 おすすめ短期通信制講座
 NAFL日本語の教え方・短期実践講座 



日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。