中国滞在記(3)−4車線、なのに一通

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

中国滞在記(3)−4車線、なのに一通

 中国滞在記その3。


 「さすが中国大陸!」と思わせた大連での出来事を一つ。


 下の写真は、大連での夜の会食が終わったあと車で移動している時に、私が車中からとった写真です。


DSC04326.JPG

 何がなんだかわかりませんね。(写真をクリックして拡大するとそこそこわかります。)


 実はこの道路、4車線ある結構幅の広い道路なのですが、実はどの車線もすべて手前から向こうに走るための車線、つまり4車線の一方通行路なのです。


 −はあ?どうなってんだ?


 そして、建物をはさんだ一本向こうの道路は、逆に向こうから手前に走るための4車線一方通行路。


 現地の方の話によると、渋滞緩和の一環なんだとか。(っていうか、それで渋滞が緩和されるのか?)


 日本では絶対にありえない土地の使い方です。(別府では特に。)


 ともかく、さすが中国!!


 とすると朝の通勤ラッシュはどんなもんなんだろうと、想像してみるだけで身震いしてしまいます。(きっと、運転荒いんだろうなあ。)


 ともあれ、そのスケールの大きさに40度の酔いも一気に覚めてしまいました。


 さて、中国は今建設ラッシュ。都市の中心部に行けば、どこを見ても建設途中のビルを見ないことはありません。

DSC04330.JPG


 この勢い、まだまだしばらく続きそうです。中国という国は、本当にいつ来てもほとばしるほどの活気に満ちたところです。


 以上が今回の中国レポートでした。

▽   ▽   ▽

 本気で日本語教師を目指したい方。下の3つがおすすめです。
 
 おすすめ通学制講座:
 ヒューマンアカデミー日本語教師養成講座

 おすすめ通信制講座:
 NAFL日本語教師養成プログラム

 おすすめ短期通信制講座
 NAFL日本語の教え方・短期実践講座


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。