息子、悲願の1勝!

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

息子、悲願の1勝!

 今日は、日出町で「城下かれい祭り」がありました。(詳しくは、こちらをご覧ください。)


 それで、我が玄武館は総勢20名、「第22回城下かれい祭り少年剣道大会」に出場してきました。


 場内はこんな感じです。(写真の剣士はよその道場の子です。)

 070512_1151~0001.jpg


 私の息子(小2)にとっては、2回目の公式戦。


 公式戦では、まだ白星を出したことがありません。


 今回は、なんと1勝2敗。


 悲願の1勝でした。(といっても本人は割と飄々。)


 決まり技は、「胴」だったそうです。


 「そうです。」というのは、私は別のコートで審判をしていたので、見ることができなかったのです。


 息子の輝かしき一本を見られなかったのは残念ですが、親としてはうれしい限りです。


 昨日の金曜日、ドラえもんを我慢して高学年の部の練習に参加した甲斐がありました。


 勝つことだけがすべてではありませんが、成果が出るとそれなりにうれしいものです。


 「今日おまえに負けた子は、今度は負けまいと思って、今まで以上に一生懸命練習する。だから、おまえも今まで以上に一生懸命稽古せんと今度は勝てんぞ。」


 なんて、夕飯を2人で食べながら偉そうに言うと、今回ばかりはいつになく「うん。」と素直にうなずきました。


 さて、いつまで続くやら…。


 明日も稽古です。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。