気を抜かず、手も抜かず、力だけを上手に抜く。

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

気を抜かず、手も抜かず、力だけを上手に抜く。

【今週のことば】
毎週月曜日は心に響く言葉をご紹介しています。


今日の言葉は…


「気を抜かず、手も抜かず、力だけを上手に抜く。」
 −ねじめ正一


 HP「円塾」様(http://www.enjyuku.com/w/ne_002.html)から引用させていただきました。


 最近、私の中で響いている言葉です。


 気を入れ手を入れると、どうしても力が入ってしまうってこと、ありませんか。


 そして、必要以上に自分に無理を強いてしまう。


 実に燃費の悪い生き方だと思います。(って、自分がそうだから。)


 テレビを見ていると、まだ若いのに飄々としているアイドルなどをよく見ます。


 相当忙しいんだろうに。えらいなあ。


 ああいう風に仕事に取り組めたらいいなあ、と思いながら、先の言葉を念仏のように唱えつつ、授業に向かう今日この頃です。


 ……それが力んでんだっつーの。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。