我々はできるだけ若い時から確固とした…

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

我々はできるだけ若い時から確固とした…

【今週のことば】
毎週月曜日は心に響く言葉をご紹介しています。


今日の言葉は…


「我々はできるだけ若い時から確固とした仕事観を持つことが極めて重要なのです。」
  −北尾吉孝(SBIホールディングス代表取締役CEO)


 私はこれまで日本語教師として「いかに知識を広げるか、深めるか。」「学習者に喜ばれ、かつ成績も上がる授業とは何か。」ということは考えてきましたが(といってもまだまだ修行中)、


「自分の仕事観とは何か。」について真正面から考えたことなど、あまりなかったと思います。


 我ながら情けない……。


 それで今日、下の本を買いました。


 



 振り返ってみれば、今までの自分は日本語教師という衣を身に纏う事ばかり考えてきたのかもしれません。



 北尾吉孝さんといえば、以前ライブドア騒動の時にテレビの前に現れたことで記憶のある方も多いと思います。



 「何のために働くのか。」「日本語教師としていかに幸福な人生を歩むべきか。」


 この問いにはっきりと答えられますか?


 これから読むのがとても楽しみです。


日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。