ゆったり構えると全体が見え、技が決まる

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

ゆったり構えると全体が見え、技が決まる

 久しぶりに剣道に行ってきました。2週間ぶりぐらいです。


 基本打ちで突きを打った時、力が余って相手の鎖骨の辺りを打ってしまいました。


 ちょうどくぼんだ所に剣先が入ったらしく、相手もかなり痛そうでした。(後で謝りに行ったら「もう大丈夫。練習中のことだから仕方がないよ。」と許していただきました。大変申し訳ありません。)


 その時、肩や腕に力が入って精神的にも力んでいる自分に気がつきました。


 これでは剣先も逆にぶれてしまうし、技の伸びや冴えも鈍くなってしまいます。


 それ以上に相手の動きが見えなくなる。だから、どうしても自分よがりな剣道になってしまいます。


 それって、剣道としては一番つまらないんです。


 そこで私は、一旦全身の力を抜いてゆったりと構え、ちょっと遠間から相手の全身を満遍なく眺めるように見ました。(こう
いうのを剣道の世界では「遠山の目付け」と言います。)


 そうすると精神的に安定し、相手の動きが見えるようになりました。


 それだけではなく、相手が次にどんな技を出してくるかおぼろげながらに見えてきました。


 「遠山の目付け」を心がけたことで、その後の互角稽古では、出小手、小手返し面、相手の手許を浮かして逆胴と、(久しぶり
にしては)いい動きができました。


 練習の後、先生から「体の動きが安定すると、いい技が出ますね。」と言っていただきました。




 ところで、


 私たち日本語教師は、常日頃実にこまごまとした仕事に追われています。


 授業もぎりぎりまでいろいろな準備をして、授業も割とバタバタ。


 そうすると私のような凡人は、あっという間に心にゆとりがなくなってしまいます。


 イライラしているわけではないのですが……。


 そんな時、ふっと一呼吸入れるてみる。肩の力を抜いてみる。ゆったりした構えで全体を見渡してみる。


 すると、今まで見えなかった学習者の動きや仕事の無駄な部分などが見えて来るでしょう。


 そして、次にやるべきことが見えてくるでしょう。


 なにより心に安定感が出てきます。


 心に安定感がある教師は、それだけで学習者が集まってくるでしょう。安心して頼れるから。


 そんな教師を目指したいものです。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。