【購読者の方と目に見えるつながりを持つ。】

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

【購読者の方と目に見えるつながりを持つ。】

メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」より。
http://www.kanjifumi.jp/kyoshiyosei/nafl.htm
----------------------------------------------------------------------

さて、前々回から本メルマガ新体制化に向けた、
3つの準備についてお話しています。

3つの準備とは以下の通りです。

1.コラム名称の変更
2.無料メルマガ復活
3.完全独自配信化

今回は、「3.完全独自配信化」について。

私はこれまで「まぐまぐ」を通じてメルマガを配信してきました。

ですが、それにだんだん限界を感じています。

というのも、私のほうでは誰が登録しているのか、
全く分からないからです。


学会や研究会などで初めて会った方から

「先生のメルマガ、いつも楽しく読ませていただいています。」

と言われて初めてその方が読者だったと分かる、そんな状況です。


私がメルマガを配信している一番の目的は、
読者の方々といい信頼関係を築くということ。

ところが、現行では読者の方々の名前すらわからないのです。


というわけで、現在、メルマガの完全独自配信化に向けて
「アイ・メール」というシステムを導入中です。

アイ・メール
http://imail-system.com/


完全独自配信にすれば、読者の方々のお名前が
分かるのはもちろんのこと、

例えば、将来セミナーを開くときに、
その地域の方だけにご案内メールを送るということも
できます。


また、登録していただいた読者の方に、

「本メルマガでご不明な点等ありませんか。」

といったメールを、例えば登録後3週間後に漏れなく送る、
ということもできます。

つまり、サービスを向上させることができるわけです。

本格導入までには、まだ若干時間が必要ですが、
準備ができましたらご案内させていただきたいと思います。

よろしくお願いします。


            ……さて、システムを構築するぞ!

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。