【部屋の中に神聖な場所を作ってみる。】

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

【部屋の中に神聖な場所を作ってみる。】

メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」より。
http://www.kanjifumi.jp/kyoshiyosei/nafl.htm
----------------------------------------------------------------------

私は今、マンションで一人暮らしをしています。

ただただ何の飾りっ気もない中年オヤジの部屋なのですが、
思うところあって、生まれて初めて神棚を買いました。

神棚には、一社造りと三社造りがありますが、
私が買ったのは、三社造りです。

これです。
http://goo.gl/QVc73L


ものが届いたその日に出して、一応塩でお祓いをし、
部屋のちょっと高い、目につきやすい所に、南向きに据え、

中央には米を、その両側には日本酒を、
そして、手前向かって左側に水、右側に清めの塩を供え、

お供えの酒の両外側やや手前にシキミを生けた花瓶を据える。


決められた作法にのっとって、きちっとセットする。
(といっても説明書通りにやっただけですが)


そうすると、不思議ですが、そこの空間だけが
妙に澄んで、凛とした感じになります。

ただ雑然とモノだけがあった今までとは違い、
部屋に中心ができた感じで、何か不思議と
気持ちが落ち着くというか、安心感のようなものが
出るんですね。(あくまで私個人の感想です。)


ちなみに、私の家の近くに火男火売神社というのがあって、
(「火男火売」と書いて「ほのおほのめ」と読みます。)


火男火売神社
http://www.beppu-navi.jp/spot/000640.html


初詣では多くの参拝者がお参りするわけですが、
(私も今年は行きました。)

ここは、イザナギとイザナミ、オオヤマツミが祀られている
とても格式の高い神社です。
(実は初めて知りました。)

私のマンションの近くには、もう1つ朝見神社という神社があって、
ここも格式の高い神社です。


朝見神社
http://www.asami.or.jp/


もちろん、大分県と言えば、全国八幡神社の総本山
宇佐神宮ですね。


宇佐神宮
http://www.usajinguu.com/


そんなふうに、「神聖なもの」に思いを巡らせると、
いつもの生活空間が、とても広がりのあるものに
感じるのは、私だけでしょうか。


部屋の中に神聖な場所を作ってみる。


何かの参考になれば。


            ……と、今回はちょっと短め。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。