意外と大切な「あいづち」

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

意外と大切な「あいづち」

【HP情報】(水曜版)

 水曜日は、私が管理運営しているHP「日本語教師篠崎大司研究室」から、選りすぐりのページをご紹介します。


 今日は、「無料で日本語が勉強できるサイト&メルマガ」から東北大学文学部日本語教育学研究室が運営するHP「相づち:たのしい会話への鍵」のご紹介です。


 皆さんの周りの外国人の中に、日本語はとても上手なのに相づちの打ち方がおかしい人や、うまく相づちが打てなくてすぐに会話が終わってしまうといった人、いませんか?


 逆に相づちがうまいと、それだけで「コミュニケーションが上手!」「ちゃんと話が分かる人だ!」と好印象を持ってしまいます。


 この「あいづち」というのは、一見消極的な感じですが、実はコミュニケーション上非常に重要な機能を担っていると言われています。


 談話の流れを巧みに管理しているという研究結果もあるほど。


 決してあなどれません。


 このサイトは、ビデオを見ながら日本語の相づち(「ふ〜ん」「はい」「うん」など)を勉強することができます。スクリプトや単語表もついているのでよくわかります。イントネーションやあいづちの基本形の勉強もできるので、とても便利です。


 一度試してみてください。

 http://www.kanjifumi.jp/muryodenihongo/aizuchi.htm

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。