【素直さは吸収力。】

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

【素直さは吸収力。】

メルマガ「篠研の日本語教育能力検定試験対策」より。
http://www.kanjifumi.jp/kyoshiyosei/nafl.htm
----------------------------------------------------------------------

今日も、明日の実習本番(2回目)に向けて
実習生と直前のリハーサルをしました。

手前味噌で恐縮ですが、
実習を始めた2週間前とは、全然違います。

授業の進め方も手際が良くなったし、
安定感も出てきたし、

なにより自信を持って授業をしているという
感じが出てきて、

見ている私もなんかうれしくなってきます。

今年の実習生のいいところは、とにかく素直である
ということです。

私が教案チェックや模擬練習で、いろいろな
ダメ出しをするわけですが、

彼女たちは、それらを素直に受け入れ、
その場で修正して、やり直します。

もちろん私の指摘が理解できない時は、
質問してくるわけですが、

基本的に素直に受け入れ、着実にモノにしているので、
日に日に授業力が上がっています。

「素直さは、吸収力。」

と、何かで読んだ覚えがありますが、
本当にそうだなぁ、と思いました。

振り返って、私自身、いつも素直に人の意見に
耳を傾けているかというと、

恥ずかしながら、決してそんなことはありません。
(なので、いつまでもこんな感じなのですが。)

人間、素直じゃないといけませんね。

明日は実習本番。

どんな授業になるか、今から楽しみです。

                       ……わくわく。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。