【学習者の入学前の姿と環境を見る。】

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

【学習者の入学前の姿と環境を見る。】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室」より。
------------------------------------------------
今日は、久留米で行われた留学フェア
(日本語学校生の合同進路説明会)
に参加してきました。

参加日本語学校5校。参加学生約300名。

我が別府大学のブースにもたくさんの学生さんが来てくれました。

そこで学生さん一人一人と、大学で勉強したいことや
将来の夢について話しながら別府大学の学部学科を紹介します。

また、学費の事や奨学金、卒業生の就職状況、
入試日程等についても一つ一つ説明しました。

彼らも私の説明を熱心に聞きながら、
いろいろと質問をしてくれました。

…将来の事とか、親の事とか、彼らなりにいろいろ考えながら
 進路を考えてるんだなぁ。

中には、
「別府大学の●●さん、私の友達です。
中国の学校でいっしょに日本語を勉強しました。」

と言ってくる学生さんがいたり。
それで話が盛り上がって親しくなったり。

本学の他の教員よりも先に親しくなれた
ようで、ちょっと嬉しいですね。
(役得^^役得^^)
 
なので、留学フェアに参加するのは個人的にはすごく好きです。

留学フェア終了後、(16時前ごろだったかな。)
私は、本フェアにも参加した日本語学校さんへご挨拶に。

道すがら、午前の部で引率をなさっていた先生が、
十数名の学生さん方を連れて自転車で集団移動。

聞けば、学生さんと近くの図書館に自習に行ったのだとか。
(ちなみに、今日の久留米は36℃。猛暑でした。)

また、学校に着くや、他の先生方は
(皆さん、午前の留学フェアで引率。)
バタバタと次のお仕事へ。

(こういう日本語学校特有の活気のよさ、好きだなぁ。)

そんな中、私は私で、大学受験科の先生と
約1時間ほどお話しさせていただきました。

「第2志望の大学に合格してしまうと、
 その後にある第1志望の大学入試を
 受ける前に、気持ちが切れてしまう。
 
 そこを、しっかり指導して、気持ちが
 切れないようにするのが大変ですね。」

先生の進路指導にかける熱意、びんびん伝わってきましたよ。

私が留学フェアや日本語学校訪問が好きなのは、

こうやって入学前の学習者の思いに
触れることができるということと、

彼らが本学に入学するまでに至った学習環境、
とりわけ日本語学校の先生方の指導に対する思いや
熱意に触れられるからです。

そうした先生方からバトンを受けて、
私は留学生にさらに日本語を指導したり、
日本語教育学を指導したりしているんだなと。

改めて、襟を正した次第です。

検定試験を目指しているみなさんも、
将来自分が教える、あるいは今自分が
教えている学習者が、
どんな思いでここに来たか。

そして、ここに来るまでに
どれだけの先生の支えがあったか。

ちょっとだけ想像してみてはいかがでしょうか。

そして、できればそうした先生方と
接する機会を積極的に持ってみる。

そうすれば、学習者に対する見方や
自分の教育に対する考え方が、
随分変わるのではないかと思います。

     …明日は天神。また、新たな出会いに期待。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。