【毎日0.1%の成長】

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

【毎日0.1%の成長】

メルマガ「日本語教師篠崎大司研究室〔有料版〕」より。
-----------------------------------------------------
最近、私が愛読しているメルマガの
... タイトルが変わりました。

平野友朗の思考・実践メルマガ【毎日0.1%の成長】
http://www.sc-p.jp/products/mail/mailmagazine.html

副題にある【毎日0.1%の成長】は、私自身
日本語教師を10年続ける上で、非常に重要な
キーワードだと思います。

0.1%だからといって侮ってはいけません。

現在の自分を1とすると、1日で1.001の成長です。

そうすると、

1か月で、1.001の30乗≒1.0304
6か月で、1.001の180乗≒1.1971
1年で、1.001の365乗≒1.4402
10年で、1.001の3650乗≒38.4046

1日にすれば、0.1%と実感することさえ
難しいくらいのわずかな成長でも、
それを実践し続け、成長を実感し続ければ、

1年後には、1年前の自分より1.5倍近く
成長した自分を実感し、

10年後には、10年前の自分より38倍以上成長した
自分を実感することができるわけです。
(ちなみにこの計算、Windows付属の計算機でできます^^)

この哲学はさまざまなビジネス書で説かれていますが、
この言葉に込められている

・些細な成長を実感する。
・短期の劇的成長より長期の逓増成長
・歩みを止めない。

という要素は、何事においても重要なことのようです。

なぜなら、人は得てして、
些細な成長では満足することができず、
劇的な成長で優越感に浸りたい衝動に駆られ、
そして、何事につけ飽きっぽいものだから。
(ちなみに、私は2番目ズバリですね(汗))

本メルマガをご愛読のみなさんは、
少なくとも、本メルマガをご愛読いただいている限り、
そして、検定試験の勉強をなさっていらっしゃる限り
日々0.1%の成長は、優に超えていると思います。

しかし、大事なことはその歩みを止めないということ。

歩み続ければ、必ず成長値は上昇し続け、
(上昇していると信じることが大事。)

一定値を超えれば、必ず検定試験に合格します。

継続することが、最も確実な合格保証なわけです。

しかし、もし合格した時点で学ぶことを止めてしまえば、
成長記録もやはりそこでストップ。

10年後、今の38倍に成長した自分に出会うことはありません。

だから、検定試験に合格するまではもちろんのこと、
検定試験に合格した後も、日々0.1%ずつ
学び続けていただきたい。

それが、日本語教師を10年続ける上での、
最も確実な保険になるのではないかと思います。

振り返ってみれば、8年ほど前、サイト構築の
勉強を始めなければ、今の自分はありませんでした。

だから、これは私の経験からも断言できることです。

だから、自分を信じて、しっかりがんばってくださいね^^

              …そして私も、メルマガ配信を通じて勉強し続けると。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。