ブレンディッドラーニング、ドイツへ行く!!

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

ブレンディッドラーニング、ドイツへ行く!!

2012年3月8日から12日まで、
「第18回ドイツ語圏大学日本語教育研究会シンポジウム」参加のため、
デュッセルドルフに行ってきました。


第18回ドイツ語圏大学日本語教育研究会シンポジウム


そこで、私が実践しているmoodleを使ったブレンディッドラーニング「上級日本語文法」を紹介してきました。

P3090196.JPG

もうちょっとアップで。
P3090204.JPG


講演では、実際に私が大学の授業で使っているコンテンツやその活用方法を、具体的に紹介させていただきました。

参加者の方の評価もかなりよかったです。


また、私自身も学ぶところがとても多く、

特に、学習者の感性に合ったコンテンツ作りの重要さを改めて認識しました。

例えば、私のコンテンツでは学習効果を上げるために椅子の座り方までこだわっています。

私が日ごろ相手にしている東アジアの留学生には、こうしたアプローチは極めて有効。

しかしながら、ドイツでは「学習者に椅子の座り方まで強制するのは無理。」という先生方の意見。

であれば、逆に成績優秀なドイツ人学習者に共通して見られる行動パターンというものが別にあるはず。

それを抽出して授業で共有することで、彼らの感性に合ったコンテンツ開発ができるのではないかと。


eコンテンツ開発というと、問題作りにばかり注意が行きがちですが、
意外とこういう部分って、学習意欲を維持するうえでとても大切かなと思います。



それから、ドイツではmoodleよりもilias(イリアス)というLMSの方が主流のようで、

両方使ったことのある先生は「moodleのほうが使いやすい。」とおっしゃっていたことも印象的でした。


こういった講演、これから増やしたいですね^^


研究会終了後は、ケルンへ観光。

ケルン大聖堂に行ってきました。てっぺんまで登ってきましたよ。(どうやったって、画面に収まりきらない。)

P3110213.JPG


そして、堂内あるステンドグラス。この美しさ、伝わってます?

P3110222.JPG


もちろん、ドイツの食も堪能^^

P3120253.JPG


ドイツ、来年も行くぞ!!

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。