学習者に元気を与えるサイト活用法とは?

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

学習者に元気を与えるサイト活用法とは?

ここのところ、ブレンディッドラーニングのすごさについて書いています。

今回はその8回目。

今回のテーマは、

「各種メディアと連動した魅力的な授業展開が可能である。」

の3回目です。


今回は、一般サイトとのコラボ。

これも工夫次第・アイデア次第でいくらでも活用することができます。


例えば、学習者の中には、「文法がひどく苦手。」というのがいます。

1級合格を目指して勉強しているというのに、

1級はおろか2級問題でつまづいてしまう。

やってもやっても間違えて、

やればやるほど初めて見る文型がどんどん出てくる。

私のeコンテンツで、これでもかこれでもかと打ちのめされ、

とうとう、

 「先生、もうダメだーーー\(◎o◎)/!」


そんな学生、いますよね。

こうなったらもう、「頑張れ」といったところで学習者を追い詰めるだけです。


そんな時、私はその学生のそばに行って耳元でこういうのです。

「ほめられサロンに行きなさい。」


 >>ほめられサロン<<(^O^)/
  http://homeraresalon.com/


これは、大分のIT企業が立ち上げたサイトなのですが、

とにかく、むちゃくちゃ褒めてくれます。

で、学生はしばらくこのサイトを見、癒され、気を持ち直して再び勉強に取り掛かるというわけです。


 >>ほめられサロン<<(^O^)/
  http://homeraresalon.com/


皆さんも、ぜひお試しください。


さて、ここでちょっとお知らせ。


私が開発し、このメルマガでもご紹介してきたeラーニングコンテンツを、

日本語教育学会春季大会で発表することになりました。

日時:2010年5月22・23日
   (私の発表は23日9:30−11:30)
場所:早稲田大学14号館408教室

学外でコンテンツを紹介するのは今回が初めて。

2時間の持ち時間を前後半の2部に分けてプレゼンしようと思います。

ぜひご来場ください。

ちなみに学会に参加するには予稿集(会員4,000円、一般5,000)を買う必要があります。

お会いできるのを楽しみにしています。


                   ……さあ、練習練習。

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。