一斉授業と個別指導が両立できる!

だから日本語教師はやめられない
アルク『用語集』著者が贈
る検定試験対策通信講座

 教育歴17年のプロが、圧倒的低価格で、徹底的に講義します。
今年こそ、検定試験に合格しませんか。
詳しくはこちら

プロフィール

image1.jpg

名前:篠崎大司(1971年生まれ)
出身:愛媛県
性別:男
職業:日本語教師(別府大学准教授)
ウェブサイトURL:http://www.kanjifumi.jp
一言:日本語教師というのは、本当におもしろくてやりがいのある仕事だと思います。

多文化共生と日本の生活に関する「いろは」が満載!
いろはロゴ.png

一斉授業と個別指導が両立できる!

ここのところ、ブレンディッドラーニングのすごさについて書いています。

今回はその3回目。

今回のテーマは、

「一斉授業と個別指導が両立できる。」

です。

教育現場でよくある風景として、

教師がある学習者に付きっきりで教えていると、

その間、他の学習者がずっと待ちぼうけを食らうってこと、

時々あるかと思います。

で、ほどなく教室はざわめき始め、

気が付いたら、教室中騒然として授業どころではなくなり、

教師は焦りつつも付きっきりで教え続け、

にもかかわらず、当の学習者は相変わらずトンチンカンな様子。

そして、他の学習者はもう騒ぎ放題。

とうとう教師のイライラが最高潮に達し、

「いい加減に、分かれーーーーーーーー!!!!!!(爆)」

…みたいな。


かといって、わかっていない学習者を目の前にしながらどんどん授業を進めていくというのも、無節操な話です。

こんなわけで従来の対面式授業では、一斉授業と個別指導の両立が非常に大きな課題でした。


ですが、ブレンディッドラーニングではそういう事態がほとんど起こりません。

少なくとも、他の学習者が待ちぼうけを食らうことはありません。

学習者は与えられたタスクをそれぞれがそれぞれのペースでこなしていき、

質問のある学習者だけが、タスクをいったん止め私を呼ぶわけです。

なので、教育環境は常に静音に保たれ、
教師も余計なストレスを感じることなく個別指導に注力できるのです。


「eラーニングなんだから、そんなことあたりまえじゃないか。」

確かに。

でも、一見当たり前のことが、実はこれまで全然当たり前ではなかったわけで、

eラーニングはそれを可能にする非常に強力なツールなんですね。

使わない手はないと思います。

           ……学習者もハッピー、私もハッピー。


「ブレンディッドラーニング」お薦め2冊
『ブレンディッドラーニングの戦略―eラーニングを活用した人材育成』
『Moodle入門―オープンソースで構築するeラーニングシステム』

日本語教師をめざす方、現職日本語教師の方のための
無料メールマガジン

日本語学校(専任、非常勤)・大学で行なってきた日本語教育・教員養成の経験をもとに、日本語教師として日々成長するためのヒントをお届けします。
篠研の“日々成長する教師”
『合格するための用語集』
アルク

最頻出キーワードを徹底マスター
私篠崎「言語と教育」担当しました。


最近の記事

検索


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。